埼玉の土地・不動産活用|高齢者施設の土地活用|株式会社渋沢
  • 0120-81-4230
  • お問い合わせ資料請求

2019
12/10

渋沢NEWS

20191210_渋沢栄一手ぬぐい製作Movie

「渋沢栄一」新紙幣 発行記念 『ノベルティ手ぬぐい』 作りました

「渋沢栄一」新一万円札 紙幣発行を記念して、ノベルティ手ぬぐいを作りました!

20191210_渋沢栄一手ぬぐい製作Movie

2024年発行 新一万円札紙幣は「渋沢 栄一!」と発表されたその日、
㈱渋沢の社内は歓喜に包まれました☆

②1904_新1万円札_日経新聞発表


「株式会社渋沢」の創業者と会長は、渋沢栄一と遠くはありますが、親戚関係にあります。

④渋沢和廣会長_ss

渋沢栄一のひいお爺様(曾祖父)渋沢宗助のところで繋がります。

新紙幣のお祝いに!!「渋沢栄一」ノベルティ手ぬぐいを作ることにしました。

20191108_小渕捺染外観s

捺染は、埼玉県本庄市唯一の捺染工場「小渕捺染」さんに、染めて頂くことに。

20191008_小渕捺染打合せs

まずは、色やサイズを弊社社長 坂本と、小渕捺染㈱ 代表取締役社長 小渕健司氏で打合せ。
色は、渋沢栄一の生家が、藍染めの原料となる藍玉づくりを営んでいたことにちなんで「藍色」に。

小渕捺染さんは、創業してから現在に至るまで、一枚一枚丁寧に手染めにこだわる技法でものづくりをしています。

20191108_小渕捺染_染めs

最初、型の下に染料を流し込み、布に絵柄を写し出していきます。
この工程がいわゆる「捺染」です。

スキージーと呼ばれるヘラを使い、一枚一枚丁寧に刷ります。
染料と型をぴったりと正しく組み合わせ、力加減を一定にして、染めていきます。

20191108_小渕捺染_洗い1s

捺染の工程が完了したら、生地に熱を加えて色を定着させます。
その後、洗浄して糊を落とし、蒸した後乾かします。

その技術はまさに°✧匠技✧°

20191210_渋沢栄一手ぬぐい製作Movie

手で染めるからこそ生まれる、深みのある味わいの手ぬぐいを、ぜひみなさまに楽しんでいただけたと思います。

今回「手ぬぐい制作Movie」を作りました!
手染め職人の技を、ぜひMovieでもご覧ください^^/

★「手ぬぐい制作Movie」はコチラ

★「渋沢栄一」と「株式会社渋沢」ブログはこちら

◆◇◆ 広報 星野 ◆◇◆

コラム一覧に戻る