埼玉の土地・不動産活用|高齢者施設の土地活用|株式会社渋沢
  • 0120-81-4230
  • お問い合わせ資料請求

障がい者施設

「共生社会」を目指し、
障がい者施設を大切に造っています。

オーナー様と運営事業者の希望を最大限に取り入れながら、事業性と社会性を両立した快適な障がい者向け住宅・施設を建設いたします。渋沢は企画・提案~設計・施工まで一貫体制で行いますので、安心しておまかせください。
( 新たに土地を購入されて活用することも可能です。各地の事業用地のご紹介も承っております。)


「共生社会」の創造を
三者協力体制で実現します

渋沢は、事業に適した立地を探している優良な運営事業者と、土地オーナー様・投資家様をマッチングいたします。オーナー様・投資家様は運営事業者と借り上げ契約を締結し、入居状況に関わらず毎月決まった家賃収入をお受け取りいただけます。
建物の建築は渋沢が長年の実績とノウハウを駆使してプランを立案し、ご承認後は責任を持って完成まで請負います。三者間での協力体制を取りながら、より良い土地活用を実現します。


安心の建物作り

新たに土地を購入されて活用することも可能です。各地の事業用地のご紹介も承っております。


特徴

圧倒的な供給不足

障がい者人数に対して、障がい者向けグループホームの供給率は2%程度しかなく、圧倒的に供給が不足しています。入居者がすぐ決まり、空室になるリスクが少なく、安定経営しやすいので、オーナー様にとっても安心です。

狭小地でも対応

高齢者向け住宅・施設による土地活用では約300 坪~の土地が必要ですが、障がい者グループホームは100 坪未満の土地にも建築できます。また、比較的立地に左右されないので、取り組みやすい活用法です。

低投資コスト

賃貸マンションや高齢者施設などに比べ、小規模の建物になるので、少ない初期投資(建築費)で済みます。また入退去時等の修繕費用は運営事業者の負担になるため、運営コストも抑えられます。

一括借り上げ

オーナー様の土地・建物を運営事業者が、原則20 年以上一括借り上げいたします。入居や経営などはご紹介する優良な運営事業者が行いますので、安心しておまかせください。長期間の安定収入が得られます。

安定した利回り

土地特性や運営事業者により、条件は異なりますが、高い利回りを実現します。安定した収益を確保しながら、地域貢献にもなる土地活用です。計画初期の段階から、事業収支を念頭に置いたバランスの良いプランを提案させていただきます。

家賃助成制度

障害福祉サービスのひとつに1 万円の「家賃助成」制度があります。年金の受給にプラスして、家賃助成があることで、継続的に家賃の支払いができます。安定経営につながる助成制度です。


モデルプラン

グループホーム(10 戸×2 棟=20 戸)と就労継続支援施設(1 棟 定員20 人) をセットにしたモデルプランです。 20 人の障がい者の住まいと就労場所を確保し、効率的な運営と、利益を確保できるプランとしてご提案しています。実際には、土地の特性(広さ・立地等)を考慮しながら、運営事業者の運営方針に沿った建物プランを建築いたします。 グループホームは約65 坪~、就労継続支援施設は約60 坪~建築可能で、比較的小規模な土地も有効活用できます。

モデルプラン